「医療費控除の特例」がスタート!

医療費控除は1月1日から12月31日までの家族の医療費の自己負担した額が合計で10万円(*1総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等のの5%の金額)以上の場合、自己負担した額から10万円(*1)を差し引いた額を所得から控除できる所得控除です。1年間で10万円を超えることが少ないため医療費控除は関係ない!と思い込みがちですが、病院の領収書、通院や入院のために使ったバスやタクシーの交通費、治療のためのマッサージや鍼灸の施術費用、ドラッグストアで購入した医薬品のレシートを家族の分も合わせると意外と10万円を超えているケースがあります。それでも10万円は超えないという方が利用できる制度が2017年から始まりました!医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」です。健康診断や予防接種などを受けていることが前提ですが、スイッチOTC医薬品(特定成分を含む市販薬)の家族全員分の年間購入額の合計が1万2千円を超えた金額を所得から控除できるというものです。
セルフメディケーション税制対象の医薬品かどうかを確認するためにはレシートに★印など印字表示されています。

さあ、レシートの整理をはじめましょう!

1年間の医療費関連の費用が10万円を超えている
→YES 医療費控除が得かセルフメディケーション税制のどちらが得かを比較する
→NO セルフメディケーション税制が使えるか検討する