老後資金の準備、資産運用は時間分散がやっぱりいい!

平成30年間の日経平均株価の推移から見たお金の動きを時系列にまとめてみました。

昭和57
1982年 
バブル出発点 日経平均株価6,849円
平成元年
1989年
消費税3%導入
バブル出発点から7年後にバブル絶頂期 日経平均株最高値38,915円を記録
平成7年
1995年
阪神・淡路大震災 地下鉄サリン事件
平成9年
1997年
北海道拓殖銀行破綻
山一證券自主廃業
平成11年
1999年
欧州で単一通過€導入
平成12年
2000年
ITバブル 日経平均株価20,833円
平成13年
2001年
米国同時多発テロ
平成20年
2008年
リーマン・ショック世界同時株安
平成21年
2009年
日経平均株価終値7,054円の大底
バブル出発点まで戻す
平成22年
2010年
ギリシャ財政危機
平成23年
2011年
東日本大震災
1ドル75.74円の円高を記録デフレが長引く要因にも
アベノミクス相場がスタート
平成27年
2015年
アベノミクス1番天井を迎える
日経平均株価20,868円
平成30年
2018年              
日銀マイナス金利政策が導入され日経平均株価はバブル後の最高値更新24,270円
英国EU離脱ショック
平成30年
2018年  
クリスマスショックによる日経平均株価も
1日で1,010円の暴落

昭和57年から始まったバブルが7年後に絶頂期を迎え、その後、景気は悪化、株価や不動産価格は下落し、リーマンショックが起きた平成20年までを「失われた20年」だったとことになります。

バブル崩壊の平成元年12月末から平成30年12月末までの約30年間に毎月の終値に1万円ずつ投資したとすると、積立投資総額349万円に対して評価額は約485万円(税、手数料除く)となります。

「100年に一度」とか「未曾有の事態」と言ったマイナス要因があっても、毎月一定額を投資する方法が長期で資産形成するには有効である

と歴史が証明してくれました。

マネースタイル事業の一つ『マネースタイルWoman』では、女性ファイナンシャルプランナーが働く女性目線で情報を発信しています。ぜひ参考にしてください。