パート勤務者に大きな影響?!

ライフプランに大きな影響を与える制度改正の概要として、パート勤務者に関する2022年10月以降の改正点をまとめました。

被用者保険の適用拡大(短時間労働者の適用拡大)
いわゆるパートタイム労働者の被用者保険の適用が拡大されます。
2016年10月〜現在従業員500人超の企業において①1週間の所定労働時間が20時間以上②月額賃金が88,000円以上③1年以上継続して雇用される見込みがあること④学生でないことの4つの要件を満たす場合となっています。
2017年4月〜500人以下の企業等でも労使の合意により適用が可能となっています。
短時間労働者の就業調整をした人よりも労働時間を延ばした人のほうが多く、拡大により新たに適用を受けた短時間労働者の収入は増加傾向にあるようです。

Point1 2022年10月から段階的引き下げが始まります

企業規模の要件(500人超)について、2022年10月から100人超、2024年10月には50人超と段階的に引き下がることになります。

 POINT2 被用者保険の適用が一部変更となります
 上述の被用者要件のうち③の「1年以上継続して雇用される見込み」があることについては撤廃され、通常の社会保険加入要件と同様に「雇用期間が2ヶ月を超える」ことに変更となります。

まとめ
これまで健康保険の扶養の要件である年収130万円を超えないように働き方を調整していた人についても、要件に該当すれば扶養から外れ、被用者保険に加入することになります。被用者保険に加入すると、保険料負担が発生し手取り収入が減少するといったマイナス面もありますが、健康保険に加入することで①業務外の事由による病気やケガ②仕事に就くことができない状態③連続して4日以上仕事を休む④休業期間中の給与の支払いがない時等に給付される「傷病手当金」や「出産手当金」の給付を受けられるようになります。また、厚生年金についても、老後の年金が増えることが見込めるなどプラスの面も多くあります。長時間働ける職場環境、人間関係、ライフスタイルに問題がなければ「扶養外で働く」という人も増えてくるのではないでしょうか。