月別相談&質問ランキング 上位10位 (1月集計分)

よくお問い合わせをいただくご質問を季節ごとに掲載していきます!
ぜひ参考にしてください。 前回集計分はこちら☛

友だち追加

ライフプランにかかわる悩みや疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。会員様の不安解消と資産形成ができるよう一緒に考えます。

103万を超えてしまった!税金はどうやって発生するのか?
社会保険は主人の方で入っておきたいが大丈夫?
税金はご自身の給料から天引されます。130万円までであれば社会保険上の扶養から外れません。
103万円の壁から150万円の壁に。
配偶者特別控除は150万円から201万円までにという記事を読んだのですが、文章には「106万円の壁と130万円の壁」とありました。壁がたくさんあってよくわからない。
2つの壁、税金の壁と社会保険の壁があります。
(税金の壁)
103万円を超えるとご自身で税金を納める必要がでてきます。
150万円を超えると税金の控除である「配偶者控除」の金額が減っていくことになります(150万円を超えたからというって、配偶者控除が0円になるわけではありません)
(社会保険の壁)
106万円は自身の契約内容が社会保険に加入するかどうかをチェックする場合の金額です。(雇用条件によって判断)
130万円を超えた場合には配偶者の社会保険(年金や健康保険)の扶養から抜ける必要があります。(106万円の収入がある見込みですでに会社で社会保険に加入している場合にはこの金額は関係ありません)
ボーナス含めて103万を超えてしまった!扶養から外れますか?
影響については、ご自身で所得税を納める必要が出てきます。一方、ご主人様の扶養からは外れません。
イオン以外で副業する場合のルールについて。確定申告は必要か?
年間所得が20万を超える場合には確定申告が必要になります。
現在、年収128万くらいで働いています。社会保険にも入っています。もう少し働きたいと考えていますが、どうしたらよいでしょうか?
社会保険にご自身で加入している場合、150万までを目指す方法を考えてみてはいかがでしょうか。
150万を超えると、配偶者特別控除が減っていくので、ご主人様が使える配偶者控除(税金)に影響が出てきます。
配偶者特別控除の階段式に下がるってどういうこと?
ご主人の年収、本人の年収によって段階的に変わります。150万円(所得は85万円)までであれば、一律配偶者控除が38万円となりますが、それ以上ですと配偶者特別控除となり下図(国税局ホームページより)のように控除される金額が減額されます。(令和2年分から制度が変わります)

9月からイオンの社会保険料に加入することになりました。税金の控除は使えますか?
社会保険上の扶養からと税金の扶養は別の基準となります。税金の配偶者控除は収入が150万円をこえる場合(所得が85万円)にその金額が段階的に変わります。
今保険に入っているが、団体保険にしたほうが良いのかを教えてほしいです。
現在加入している保険の内容がわかるものをお手元に用意して、GLCマネースタイルプラザ(弊社)までお電話またはLINEでお問い合わせください。
民間で入っている保険から団体保険へ切替検討中なので、相談に乗ってください。
何がご心配かをご確認させていただき、今の保険と団体生命の違いをご説明いたします。
相談の予約をしたい。
ご希望の日時をお電話かLINEでお知らせください。